バッグ修理

今回はバッグの修理。

うちは、基本的にはオーダーメイドで製品を作ってるんですが、たまーに

「こんなん修理できますか?」

と、修理依頼が入ってきます。

正直、自分が作ったモノ以外の修理って、結構面倒くさい…。

いや、言い方が悪いな。

通常より手間がかかる。


とかなんとか言っても、結局断らないんですが(笑)


というのも、他社製品の修理って、とても勉強になるんです。

なので、よっぽどのモノじゃない限り、やらせていただきます♪

「よっぽど」の定義はないですけど(笑)

それに、当工房は長く愛着を持って、モノを使ってほしいという理念がありますので、直せばまだまだ使えるものは当然直します♪

今回は、バッグ2つ。

2つとも持ち手の修理です。

一つ目はアタッシュケース。

ヌメ革製品なんかでよく目にするドイツ発祥の有名メーカー、BREE社製。


バッグはよほど変な作り方、使い方をしていない限り、まず持ち手がやられます。

当然ですよね。

バッグ全体の重量を持ち手のみで支えて、さらに常に手の摩擦に晒されますから。

このバッグも持ち手の革がボロボロでした。

なので、修理というより、持ち手の作り変えです。

まず金具から外します。

で、ばらします。

ばらしてみて分かりましたが、この持ち手、革同士を接着してないんですね。

なんか意味があるのかな?

接着してる方が、作業性もよくて強度も出ると思うんだけど。

ま、とにかくばらしたこいつを、採寸して作り変えます。


あっ!っという間にできあがり(笑)

このパターンの持ち手はシンプルで作りやすいので、すぐ完成(笑)

作り変えたので、当然、色は合いません。

ま、使っていくうちに焼けたり手あかがついたりと、エイジングしていくので、いい感じに色が追いついていくと思います。

金具に取り付け、オイルを塗ってあげると、いい感じになりました♪

まだまだ現役。

是非、末永く使ってあげてください(*^_^*)

長くなったので、もう一個のバッグ修理は、次回に♪




体験教室の日程

体験教室は完全予約制です。

いつでもお問い合わせください。

※上記日時以外でも気軽にお問い合わせください。

yamazumi@sakura-kohboh.com

0743-58-6370 / 090-7495-5037

Facebook
instagram
creema

sakura-kohboh

《人生のパートナーとなる「愛着」の持てるモノを作りたい。》過去のものは捨て、次々に新しいものを取り入れる。前へ前へ。もちろん、それは素晴らしいことだと思います。しかし、ふと立ち止まってよく考えてみてください。長く使ったモノには「愛着」が沸きます。使い手それぞれの味も出てきます。モノにも魂は宿ります。使い続けたあなたにしか感じられない魂が。そんな、魂を宿せるような愛せるモノ。そしてモノに愛される使い手に。《ハンドメイド》当工房の製品は原則、オールハンドメイドです。型紙作りから、染色、裁断、縫製、仕上げ。手間と時間はかかりますが、より堅牢に、より永く使っていただけるよう一工程一工程手作業で仕上げております。ただ、私の作業はモノの形を作り上げるところまでです。続きはあなたが使うことによって、完成に近づいていきます。あなたが使うのを止めたとき。色が変わり、傷が付き、汚れが付き、「お疲れ様」とあなたが伝えた時こそ本当の完成だと思います。使い手によって、どんな完成品になるのかは分かりません。私が途中まで作り上げたモノ。その完成品を見るものこの仕事の楽しみの一つです。もちろん、私が作らせていただいたモノはアフターフォローもいたします。補修、修理、リメイク、新たな魂を吹き込みますので、末永くお使いください。

Creema|ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス -販売・購入

さくら工房

革モノ屋(Leather workshop) ・革製品のオーダーメイド ・レザークラフト教室 ・イベント出店

0コメント

  • 1000 / 1000