ティッシュケース 試作品完成♫

こんにちは、広報担当 レイナです(^-^)

12月の沖縄旅行中だったかな?
たまたま見つけたティッシュケース。
絆創膏入れれていいなぁ♫
今度作ってみよ〜〜

って思いながら月日は流れ〜〜  笑

やっと完成しました*(^o^)/*
試作品ですが。
この写真だけみたら、ティッシュケースには見えないかな?
かなり試行錯誤を繰り返しました、私としては  笑

って、たぶん、山住氏にしたら、こんなことは常なんだと思います。
フルオーダーが基本なんですもん。
毎回1から。
サンプルを作ってみて、改良。
また作って〜〜を繰り返し。
ヨシ!
っとなってから、実際にオーダー頂いた色の革で作っていきます。

これは最初に作ってみたパーツ。
沢山あります(^o^)
マチはこれぐらいかな〜〜と作ってみたら、もう少し全体的に大きくしよう!となり。
ティッシュの取り出す部分の形も、長方形から長丸になり、切り込み入れてみる?とか、もっと取り出し口は広い方がいいな〜とか。
位置も中央より少し寄せようか、などなど。
で、カバー部分をつけてみると〜〜
留めは、切り込みへ差し込むタイプにしてたけど、やっぱり変えよう!
絆創膏などの小物入れも、もう少し浅くしよう!
となり〜〜
革の厚みも変更。
またヌメ革での試行錯誤が続くところですが、

私のだし、カラー使って試作していい?!
ってお願いしちゃいました(^-^)

で、出来たのがコレv(^_^v)♪
表だけオレンジ。
あとはヌメ革。
糸は白。金具はゴールド。

どうですか?!

仕様もオッケーが出たので、山住氏が商品として作ってくれる予定*(^o^)/*

良かった(^o^)

間に合えば、明日、2月3日のイベントにも持っていきま〜〜す!

体験教室の日程

体験教室は完全予約制です。

いつでもお問い合わせください。

※上記日時以外でも気軽にお問い合わせください。

yamazumi@sakura-kohboh.com

0743-58-6370 / 090-7495-5037

Facebook
instagram
creema

sakura-kohboh

《人生のパートナーとなる「愛着」の持てるモノを作りたい。》過去のものは捨て、次々に新しいものを取り入れる。前へ前へ。もちろん、それは素晴らしいことだと思います。しかし、ふと立ち止まってよく考えてみてください。長く使ったモノには「愛着」が沸きます。使い手それぞれの味も出てきます。モノにも魂は宿ります。使い続けたあなたにしか感じられない魂が。そんな、魂を宿せるような愛せるモノ。そしてモノに愛される使い手に。《ハンドメイド》当工房の製品は原則、オールハンドメイドです。型紙作りから、染色、裁断、縫製、仕上げ。手間と時間はかかりますが、より堅牢に、より永く使っていただけるよう一工程一工程手作業で仕上げております。ただ、私の作業はモノの形を作り上げるところまでです。続きはあなたが使うことによって、完成に近づいていきます。あなたが使うのを止めたとき。色が変わり、傷が付き、汚れが付き、「お疲れ様」とあなたが伝えた時こそ本当の完成だと思います。使い手によって、どんな完成品になるのかは分かりません。私が途中まで作り上げたモノ。その完成品を見るものこの仕事の楽しみの一つです。もちろん、私が作らせていただいたモノはアフターフォローもいたします。補修、修理、リメイク、新たな魂を吹き込みますので、末永くお使いください。

Creema|ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス -販売・購入

さくら工房

革モノ屋(Leather workshop) ・革製品のオーダーメイド ・レザークラフト教室 ・イベント出店

0コメント

  • 1000 / 1000