中級クラス 長財布 1回目

こんにちは、レイナです(^-^)

今日は体験教室  中級クラス  長財布作りの1回目ですv(^_^v)♪

まずは、革に型紙を置いて、型取りをしていきま〜す!

書くと一文なんだけど、結構奥が深い!

しっかり説明から始まります。

牛さんの革の質とか?
どの部分を使ってるから、この型紙なら、どこに置くのがいいとか?

次は、革に印をつける道具の使い方。
革と型紙のどこにどの部分を当てる?
そのための角度は?
うわ〜細かい!!笑
理論はわかった!
さっ、やってみよう!!*(^o^)/*
横着せずに〜
自分が動き回ります(^-^)

型取りが終わったら裁断*(^o^)/*
というわけで、子供の頃から使ってるはずのカッターの使い方の説明から。
が、意外に知らない?意識してない?って内容も出てきて、へぇ〜!って。
ではでは、実際に切っていきま〜す(^-^)
パーツが切り終わったら、こんな感じ*\(^o^)/*
こっちは、お母さんへのプレゼント用のブルー。
こっちはチョコレート色。
照明の関係で、黒っぽく見える?!
次回2回目は、端処理からスタート。
実際に組み合わせていきます♫


体験教室の日程

体験教室は完全予約制です。

いつでもお問い合わせください。

※上記日時以外でも気軽にお問い合わせください。

yamazumi@sakura-kohboh.com

0743-58-6370 / 090-7495-5037

Facebook
instagram
creema

sakura-kohboh

《人生のパートナーとなる「愛着」の持てるモノを作りたい。》過去のものは捨て、次々に新しいものを取り入れる。前へ前へ。もちろん、それは素晴らしいことだと思います。しかし、ふと立ち止まってよく考えてみてください。長く使ったモノには「愛着」が沸きます。使い手それぞれの味も出てきます。モノにも魂は宿ります。使い続けたあなたにしか感じられない魂が。そんな、魂を宿せるような愛せるモノ。そしてモノに愛される使い手に。《ハンドメイド》当工房の製品は原則、オールハンドメイドです。型紙作りから、染色、裁断、縫製、仕上げ。手間と時間はかかりますが、より堅牢に、より永く使っていただけるよう一工程一工程手作業で仕上げております。ただ、私の作業はモノの形を作り上げるところまでです。続きはあなたが使うことによって、完成に近づいていきます。あなたが使うのを止めたとき。色が変わり、傷が付き、汚れが付き、「お疲れ様」とあなたが伝えた時こそ本当の完成だと思います。使い手によって、どんな完成品になるのかは分かりません。私が途中まで作り上げたモノ。その完成品を見るものこの仕事の楽しみの一つです。もちろん、私が作らせていただいたモノはアフターフォローもいたします。補修、修理、リメイク、新たな魂を吹き込みますので、末永くお使いください。

Creema|ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス -販売・購入

さくら工房

革モノ屋(Leather workshop) ・革製品のオーダーメイド ・レザークラフト教室 ・イベント出店

0コメント

  • 1000 / 1000